バックナンバー

株式会社ファースト・トラスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の見どころ

 
00:00:28  今回、研究する企業は?
   
00:01:21 【CASE STUDY 1 キーワード解析】
00:01:33 キーワード:『投資不要の土地活用』
00:01:45  投資せずに土地活用ができるってどういうこと?
00:02:42  収入が安定?駐車場経営のメリットとは?
00:03:20  契約に5年もかかる駐車場経営。どうやって土地を借りるの?
00:04:00  信用を得るために必要なこと3つの鍵とは??
00:04:14  信用を得るためのポイント1『忍耐』
00:04:33  契約までに5年も待つ?経営は苦しいのでは?池本所長の見解は?
00:05:27  信用を得るためのポイント2『運営方法』
      ~トラブルゼロのコインパーキング~
00:06:14  信用を得るためのポイント3『最高のおもてなし』
00:06:37  地主さんの名誉に貢献!お祭りで無料で駐車場を開放?
   
00:07:46 【CASE STUDY 2 グラフ解析】
00:08:11  3.11で被災。停電で駐車場も使えない中、倒産を回避したその方法とは!?
00:09:00  会社が火の車の中、地主さんへの支払いはどうした?
00:09:50  震災を機に、より地主さんとの信頼を強固にしたファースト・トラスト
   
00:10:09 【CASE STUDY 3 未来解析】
00:10:34  進化していくFIRST TRUST(車以外のシェアリングの形)
00:12:05  利用者にも地主にも、より信頼されるために。
  
00:12:25 米田社長の描く未来へのキーワードは?
   
00:13:09 【社長のホンネFile】
     池本所長による「FIRST TRUST」の分析レポート

 

=番組概要=

日本のプロ経営者、実業家でドクターシーラボなどの有名企業を上場へ導いた実績を持つ池本氏が、
企業の経営者の本音を引き出すビジネス番組

=出演者=

所長:池本 克之(組織学習経営コンサルタント)
ゲスト社長: 株式会社ファースト・トラスト 代表取締役 米田 英雄

=番組情報=

放送局: 千葉テレビ
放送スケジュール: 毎週土曜 17時00分~17時15分
※Youtube番組には、翌週の水曜日を目途に追加されます。

=今回のゲスト=

 関東北部で駐車場をメインとした土地活用で地域社会に貢献。
 社名が使命「ファースト・トラスト」
  株式会社ファースト・トラスト 米田英雄 社長

茨城県・栃木県で、
コインパーキング運営のトップシェアを誇り、コインランドリーや、トランクルームなど、
土地の所有者や地元への貢献を第一に考えた土地活用を提案。
清掃、毎年の挨拶回りは欠かさない、地域のお祭りには駐車場を無料開放するなど、土地の所有者だけでない、地域に根ざし共生する「信頼第一」を追求。

傘のシェアリングや、レンタルロッカーなど新規事業も続々と準備中。

この採用難の時代で、就職希望者も多く集まっているようです。

 

お問い合わせ等:

株式会社ファースト・トラスト
http://www.first-trust.jp/

ファースト・トラストへ土地活用のご相談
http://www.first-trust.jp/contact/contact_park/

ファースト・トラストの採用応募
http://www.first-trust.jp/recruit/

収録中の様子をこっそり公開!

米田社長から、テレビ出演の感想をいただいたのでご紹介します。

米田社長
米田社長
放送を見て、話がどんどん溢れてきてやはり少し早口になってしまったな、もう少し笑顔にしていればなと反省しました。
テレビ制作のプロに収録、編集いただいたことで、改めて自社の良さや強さを、
具体的に検証出来る良いキッカケとなりました。
社内で放送を見てもらうことによって、新入社員へ会社の歴史や先輩達の苦労を知って頂く事が出来ました。
今回のTV出演により、これまで以上に、社員が誇りをもって自社のPRをしてくれる気がします。

社員の皆さんからも放送後のメッセージいただきました!

社員 Aさん
社員 Aさん
紙媒体ではなく、映像としての会社PRは、お客様に大変な説得力や、良い印象を受けてもらえると感じました。
社員 Bさん
社員 Bさん
具体例がありまた対話形式なので、一般の方が見ても理解し易く好感がもてた。
社員 Cさん
社員 Cさん
会社の歴史(苦労)や、社名の由来を知ることが出来て良かった。
社員 Dさん
社員 Dさん
過去先輩達が作り上げて来た会社の「信用」を、自分たちが更に築き上げていく責任を痛感しました。
社員 Eさん
社員 Eさん
営業ツールの1つとして活用していきます。
社員 Fさん
社員 Fさん
仕事をする中で大切にする事を再認識しました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加